CINEMA PLANNERS > キャスト / 役者募集 > 【そこは、不味くて美味しいレストランー】佐久間啓輔監督が世界に放つ衝撃の短編映画『Eatversity』

【そこは、不味くて美味しいレストランー】佐久間啓輔監督が世界に放つ衝撃の短編映画『Eatversity』

投稿日時:2022/08/14 21:17:55
投稿者:株式会社アシタヘ
募集地域:茨城 / 埼玉 / 千葉 / 東京 / 神奈川
締切:2022/08/26

【企画概要】
作品名:Eatversity(イートバーシティ)
ジャンル:ブラックコメディ
想定尺:約15分
言語:日本語
脚本/監督:佐久間啓輔
プロデューサー:寺地真一
撮影スケジュール:10月後半〜11月前半で調整中
※スケジュールに関しては応募フォームに候補日の記載がございます

【あらすじ】
猫の格好をするのが趣味の青年ハナは、好意を寄せる女性リサに食事に誘われる。連れて来られたレストランでは、何やら見たこともない不味そうな料理が次々に運ばれてくる。動揺するハナ、しかしその一方でリサはなぜかそれらを美味しいと笑顔で食べ進める。彼女の思惑を探るハナだったが、このレストランの謎が明かされる時、彼は隠されてきた彼女の本性に触れてしまうー。

【企画意図】
多くの人権問題が話題に上る現代。多様性を尊重した社会を目指そうと、人々は日々己の正義と向き合うが、現代人の多くはどこかでその問題の本質を見失っているように思う。「マイノリティだから可哀想な過去があるのだろう」「社会的立場が弱いこの人は他者より尊重されるべきだ」—時に人は相手の表面的な情報に囚われ、その人の本質を見失ってしまうことがある。どんな命も平等だという理想のもと目指してきた社会が、いつの間にか互いの考える平等を押し付け合う社会へと少しずつ変貌している。
本当の意味で人々が平等に尊重される世界を目指すために、現代社会の実情に我々現代人は今こそ向き合うべきではないか。
監督の佐久間は高校時代をアメリカの片田舎で過ごし、マイノリティとして生活した経験から、今の社会のマイノリティに対する目線に疑問を感じている。
自らがマジョリティだと思い込む人たちが、多様性を受け入れるとはどういうことなのか、少しでも立ち返るきっかけを作りたいという思いから本作の制作に乗り出した。

【募集する役柄】
・須藤莉咲(20代)
ハナより年上の友人。ハナのことを気にかけている。自分は多様性に理解のある人間だと信じて疑わない。
髪暗め、髪ロング、前髪長め、目鼻立ちクッキリ、口で笑う人、小顔。
身長155cm以上。

・江東昭二(30代後半)
ハナとリサが食事をするレストランのウェイター。気品ある態度で二人を迎え入れる。
細身長身。肩幅は狭め。ウェーブがかった黒髪をジェルで固めているイメージ。常に笑顔。
身長175cm以上。

・ケン
ハナの訪れるレストランのシェフ。犬の格好をしている。40代、細身で少し弱そうな見た目。身長170cm以下。

・マサノ
レストランのオーナー。色黒、強面、姿勢がいい。インテリっぽい雰囲気。身長175cm以上。

【経歴】
<脚本・監督> 佐久間啓輔
中学生の頃にハリウッド映画に憧れを抱き、渡米。高校時代の四年間をペンシルベニア州で過ごす。帰国後、早稲田大学に入学し映画制作を始める。大学二年時に脚本・主演を務めた映画『さんさんごご』が2015年度の沖縄国際映画祭U-25部門にてグランプリと観客賞を受賞する。翌年、映画祭の出資を受け、映画『花はだいだい』を製作、沖縄国際映画祭に正式招待される。同年、フロリダ州立大学に留学し映画制作を学ぶ。作り手としてだけでなく、演者としても同大学フィルムスクールの卒業制作作品『Good People』で主演を果たす。留学後は映画配給会社に勤務し、邦・洋問わず様々な作品の宣伝業務に携わる。その後独立し、映像ディレクター兼シナリオライターとしてアイドルグループのMVの監督や、Vtuberの台本執筆活動などを行なっている。最新作『Funny』は2021年度TAMA NEW WAVE コンペティション部門ノミネート、香港国際短編映画祭入選、仏クレルモン=フェラン国際映画祭Market Picks選出、米リッチモンド国際映画祭観客賞&最優秀女優賞受賞。

<プロデューサー> 寺地真一
早稲田大学法学部卒業。株式会社アカツキに新卒入社。日本原作のハリウッド映画化事業に参画し、原作のソーシング、権利のクリアランス、脚本の企画開発等に従事。数々のライブエンターテイメント領域での新規事業企画・運用にも携わる。ライブエンターテイメントビル「アソビル」の立ち上げにも参画し、イマーシブシアター「THE STORY HOTEL」を制作する。若手の映画監督やクリエイターとのショートフィルムのプロデュースをしており、日本国内外の映画祭でノミネート・上映をされる。「世界で売れる映画を作る」ことを目指し、若手の映像クリエイター・俳優の人材発掘に力を入れる。2021年には、学生時代からの演劇制作経験を活かし、朝にカフェなどで行われる短編演劇「朝劇」のプロデュース団体「朝プロダクション」を俳優の野村龍一と結成。2022年より、講談社との共同企画である『朝シェイクスピア 30分でわかるマクベス』をプロデュース。30分でシェイクスピアを上演するという、演劇界では初の試みとなる。2022年1月、更なる事業展開のため、株式会社アシタヘを設立。

【報酬】
報酬あり(10,000円/日〜ご相談)
※各役柄ごとに報酬は変動しますが、食事代、交通費等とは別途で出演料をお支払い致します
※撮影時間が1日(8時間程度)に満たない場合は別途ご相談させていただきます
※報酬に関するご相談は選考中にさせていただきます

【応募方法】
下記応募フォームより、ご応募ください。
8月31日(水)までに書類審査の通過者のみご連絡いたします。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd8rSvxmxXeoIiO5V8vxCYSOzBmibYcQMQ9u3O5LQ6GMxkb4g/viewform?usp=sf_link

皆様よりご応募お待ちしております。


【ハラスメント防止対策ポリシー】
私たちのオーディション、撮影現場では暴言、恫喝などの威圧的な言葉や行動を固く禁じ、いかなる差別に対しても断固反対の姿勢を取ります。
本作品では身体的接触のあるシーンは基本的にありませんが、変更がある場合は関係するキャスト、スタッフに直ちに伝え、認識齟齬のない状態で撮影に臨めるようにします。なお、未成年を現場にお呼びすることはございません。
もし、トラブルが起こってしまった場合は、プロデューサーが解決に尽力し、撮影中の場合は再発防止のために具体的に解決案を提案いたします。万が一、プロデューサーが当事者となってしまった場合は、制作進行の者を中心に解決にあたります。
撮影中に関しましては、ハラスメント防止対策に関して改めて、詳細な注意事項を皆様にお渡しするなど、ハラスメントが絶対に起こらない現場にするよう、撮影クルーが気持ち良く撮影に臨めるように尽力いたします。




※募集案件に対して応募後のやり取りについては、当サイトは関与できませんので個人情報の受け渡し、面談等直接会われる場合は、細心の注意をお願いいたします。
※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
ご利用についての注意事項・ハラスメントに対する対応について。

掲載者情報

掲載者株式会社アシタヘ
担当者寺地真一
住所東京都渋谷区神南1-6-5
お問い合せ先eatversity2022@gmail.com
関連URLhttps://twitter.com/eatversity
その他情報▼企画書(コピー転載厳禁)
https://drive.google.com/file/d/1RmuRKguFoRLVpj_d751gkCpv8sd6IwMv/view?usp=sharing

▼前作『Funny』視聴リンク
https://vimeo.com/ondemand/funny4/526799801
お問い合わせ ※ご利用の端末に設定されたメールソフトが開きます。

最新の投稿

[映画][スクール / ワークショップ]
4時間で映画を作る!初心者限定「映画制作体験ラボ」(10/10・東京)
投稿日:2022-10-06 15:49:10
[舞台][キャスト / 役者募集]
2022年2月20日新宿文化センター演劇祭出展作品、男性キャスト1名募集
投稿日:2022-10-06 15:20:02
[映画][イベント]
【実演家・芸能従事者向けセミナー】 Autumn seminar2022~ハラスメント~
投稿日:2022-10-06 15:06:10
[映画][キャスト / 役者募集]
【継続依頼・ナレーター募集】在宅でマイク収録可能な方【TikTok広告】
投稿日:2022-10-06 14:48:37
[映画][スクール / ワークショップ]
★★世界で通用する演技テクニック【チャバックテクニック】を学ぶ★Chubbuck Japan 演技ワークショップ@大阪★★
投稿日:2022-10-06 14:27:14
[映画][キャスト / 役者募集]
劇場公開映画【10/28,29エキストラ】募集
投稿日:2022-10-06 12:56:42

クラウドファンディング