CINEMA PLANNERS > キャスト / 役者募集 > 立命館大学映像学部 卒業制作 20代〜60代 男性(女性)キャスト募集!

立命館大学映像学部 卒業制作 20代〜60代 男性(女性)キャスト募集!

投稿日時:2020/08/05 19:45:30
投稿者:立命映像 
募集地域:滋賀 / 京都 / 大阪 / 兵庫 / 奈良 / 和歌山
締切:

ご覧いただきありがとうございます!
立命館大学映像学部2回 岩崎 亜実(いわさきあみ)と申します。
今回、立命館大学映像学部 制作ゼミでの卒業制作として60分ほどの映画を制作します。

現在協力者として本作品に出演してくださる方を募集しております。

【概要】
[タイトル]:未定
[作品時間]:60分
[監督]:立命館大学映像学部 制作ゼミ 久野将輝 萩原佑汰 共同監督
[撮影期間]:9/16~10/4(その都度変更)
※配役により撮影期間は異なります
[撮影場所]:主に京都を中心とした関西周辺
[費用]:交通費、撮影中の飲食費
※協力者としてご参加していただける方を募集しているため報酬はご用意できません。あらかじめご了承ください。
[完成後]:卒業制作作品としてTジョイ京都にて立命館大学映像学部の卒業制作展(予定では2021年1月22日から23日)での上映を行います。また、映画祭への出品を想定しております。


【あらすじ】
業績の悪さから、常に上司に叱られている主人公は、上司に怒られる憂さ晴らから、自分の業績不振は面白いことのない現代が悪いと、こそこそと妄想の記事を書いてはデスクに溜め込んでいる。ある日、連日の残業から来る寝坊で出社がギリギリになる主人公。会社につくなり褒められる主人公。疑問に思いながらデスクに着くと同僚が今朝までだった週刊誌用の記事に妄想の記事である「〇〇の闇・現代のヤクザ」を自分のデスクから提出しておいたという。上司に記事の訂正を持ちかけるが、でたらめであるとも言い出せず、今のままで十分面白いと訂正を却下される。
翌朝、慌ただしい社内では、主人公の記事に対するクレーム対応に追われている。出社するなり上司に呼び出される。上司の指示で社長とzoom越しに会話をする主人公。社長は責任をとり、ヤクザに関しての調査を命ぜられる。社長に指定された場所へ向かうとそこは寂れたピザ屋が外国人店主によって営まれていた。ピザ屋の店主は、主人公に事務所は二階だとつげる。恐る恐る階段を上ると、一人の女(組長の娘)とすれ違う。ヤクザは主人公の書いた記事が原因でピリピリとしており、ヤクザに絡まれる主人公は咄嗟にバイトをしにここにきたことを伝える。履歴書の有無や服装を指摘され、追い返された主人公は、帰り道に先程の女とぶつかり入れ替わる。ヤクザからはお嬢と呼ばれ、連れ戻される娘(主人公)。逃げようとするが逃げられない。組長の娘の姿になった主人公は、組長に連れられ、晩餐を共にする。
真夜中店員に起こされるとカラオケで姿は戻っていた。そこから自宅へ戻るとの彼女がまちくたびれて寝ている。彼女を横目に出社する主人公。ヤクザのカメラが主人公を狙う。取材中、またもや入れ替わる主人公。ヤクザの事務所で目覚めた主人公は事務所から逃げ出し、自分の携帯へ公衆電話から電話をかける。情報交換をする主人公と娘。またいつ入れ替わりが起こらないと、二人は情報交換をする髪染める。入れ替わりが起こっている最中に、上司に暴行したり、勝手に髪を染めたりと無茶苦茶なことをしながらも、わりと周りを巻き込んでうまいことやる娘。ヤクザの事務所では出版社に出社した者の写真が並べられ、記事を書いた物への調査が始まる。一方で妄想で書いた記事にもちらほらと真実と合致する部分をヤクザとの生活で見つける主人公。内側から主人公の殺害計画を食い止めようと画策する。
一方、これまでの行動のギャップから彼女との関係が悪化、家を出ていく彼女。打開を試みない現状と彼女の言葉が重なる。一人飲みに出かけ、帰ってくると、家にはヤクザたち。捕まる主人公。自分と自分の中に入ったヤクザの娘を救うため主人公は娘の姿で思案する。娘を誘拐したとヤクザたちに電話をする主人公。娘と主人公の交換を図る。ヤクザに殺害されそうになった一件のあと、パタリとなくなる入れ替わり現象。主人公はヤクザの娘と入れ替わっていた最中に見つけた違和感から、大物政治家の入れ替わり記事を書く。生きるのが少し楽しくなる主人公。





【募集役柄】
〇主人公(25歳・男性)
周りに助けられ就職。外面を気にしすぎる傾向。社交性は高いが中身がない。話題性ばかりを追う週刊誌の仕事が合わない。彼女が付き合ってくれている理由は、自分の職場だと思っている。

〇編集長(60歳・男性)
出版社編集長。おじいちゃん。仕事は大事だが優しめの性格をしている。

〇副編集長(40歳)
仕事最優先の嫌なタイプ。

〇六郎(22歳・男性)
ヤクザの下っ端の構成員。

〇同僚(20代くらい・性別不問)
〇知事(50代・男性)
〇知事秘書(年齢性別不問)

※主人公はオーディションを行う予定です。また、その他の役柄も応募多数の際は選考を行う予定です。希望された役とは別の役でご出演をお願いする場合もございます。

【撮影日程に関して】
撮休を含み9/16~10/4を予定しております。
そのうち主人公は7日間、同僚・編集長・副編集長等は2日間ほどの撮影となります。(状況により増減あり)

【応募に際して】
下記の項目を添付・明記の上、応募連絡先までお送りください。

①希望の役
②氏名、年齢、最寄駅
③身長、靴のサイズ
④所属事務所(フリーランスの方は、「フリー」とご記入ください)
⑤演技経験、過去出演作品名(URLなどございましたら、選考の参考にさせて頂きます)
⑥顔写真+全身写真。(髪色が写真と異なる場合は、現在の髪色も明記して頂けますと幸いです)
⑦9/16~10/4の期間で既に撮影に参加できない日程(無ければ記載の必要ございません)

その他質問等ございましたらお気軽にご連絡ください。

【新型コロナウイルスへの対策に関して】
本作品は、コロナウイルスの収束目処の立たない時期の撮影となって
おります。立命館大学映像学部の映像制作ゼミにて作成されたガイドラインを基に、感染拡大防止に努めて参ります。
マスクやフェイスシールドの装着、アルコール等を用いた消毒の徹底、 毎日の検温といった体調管理を徹底し、撮影人数を最小限にして、安 全管理をして、撮影に挑みます。
また、普段とは違った撮影現場になることも想定されます。 ご理解、ご協力のほど、よろしくお願い致します。


※応募連絡先※
Mail: im0165hx@ed.ritsumei.ac.jp
名前: 岩崎亜実

長文失礼いたしました。最後までご一読頂きまして、ありがとうございます。何かご不明な点がございましたらお気軽にご連絡ください。ご応募お待ちしております。




当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

掲載者情報

掲載者立命館大学 映像学部
担当者岩崎 亜実
応募・問合せ先im0165hx@ed.ritsumei.ac.jp
その他情報
応募・問合せ ※ご利用の端末に設定されたメールソフトが開きます。

最新の投稿

[映画][キャスト / 役者募集]
自主制作30秒CM キャスト募集
投稿日:2020-11-24 00:20:51
[映画][スクール / ワークショップ]
【早割有!12月12-13日開催】 加藤大志監督 ワークショップ『シャフリヤールの昼と夜』『きらわないでよ』等(新宿)
投稿日:2020-11-23 21:50:54
[映画][キャスト / 役者募集]
銀座画廊にて展示予定の写真芸術への出演者募集!演技未経験可!20~50代男女6~8名 謝礼として無料で宣材写真を撮影します
投稿日:2020-11-23 20:41:57
[映画][キャスト / 役者募集]
東放学園映画専門学校映画制作科ドラマ制作「庭のワスレモノ」14才男性、14才女性役募集!11/28締め切り
投稿日:2020-11-23 20:08:40
[映画][キャスト / 役者募集]
専門学校 東京ビジュアルアーツ 卒業制作 『埋まらない空白』エキストラ至急募集 10代後半~30代
投稿日:2020-11-23 17:27:58
[映画][キャスト / 役者募集]
楽曲カバー企画「This music」の出演者募集
投稿日:2020-11-23 17:20:46

クラウドファンディング