CINEMA PLANNERS > スクール / ワークショップ > 「男性政治」が引き起こしている日本政治の問題とその構造を学び「男性政治」と戦う女性たちの実際を知り「さらば、男性政治」な物語を作る講座

「男性政治」が引き起こしている日本政治の問題とその構造を学び「男性政治」と戦う女性たちの実際を知り「さらば、男性政治」な物語を作る講座

投稿日時:2024/02/01 03:Feb:st
投稿者:シバイバ
募集地域:全国
締切:2024/02/14

【講座内容】
上智大学法学部の三浦まり教授は、2023年1月に発売されたご著書『さらば、男性政治』(岩波新書)で、国民の半数を占める女性の意見が通りにくい政治の現状を「男性政治」という観点から明らかにし、そのような現状が訂正されないことが、女性やマイノリティの権利や生活を困難に追いやっている可能性があることを論理的に示しました。

「男性政治」とは「男性だけで営まれ、男性だけが迎え入れられ、それを当然だと感じ、たまに女性の参入が認められても対等には扱われない政治」のことを言います。

日本をジェンダー平等後進国に押しとどめている最大の原因は、もはや見慣れた景色となってしまったこの「男性政治」にあるように思います。

さらに「男性政治」は、ジェンダー平等に反するだけではなく、「家父長制的慣習」や「性別役割による歪み」「ミソジニー(女性蔑視)」などと組み合わさることで、「ケア労働の軽視」や「育児・出産・教育政策の遅れ」など、現代必要とされている諸政策の停滞という、現実的な問題にも結びついているように思います。

三浦まり教授のご著書『さらば、男性政治』(岩波新書)は、現在の「男性化してしまっている政治」の権力構造を打破し、日本という国を本当の意味で誰もが生きやすい社会にしていくための、まさに道しるべとなるようなテキストです。

本講座の「メイン・ゼミ」においては、参加者は、三浦まり教授ご自身の導きを受けながら、メイン・テキストとなる『さらば、男性政治』(岩波新書)を読解し、なぜ「男性政治」を変革する必要があるのか、また「男性政治」を変革すること=「女性政治家を増やすこと」が日本に何をもたらすのか、またその変革の過程においてどのような抵抗が誰からあるのかというようなことを、諸外国の経験などから理論的に学びます。

また、不定期に行われる本講座の「サブ・ゼミ」においては「パリテ・アカデミー」の事務局長である西川有理子さんとともに、国会傍聴や地方議会の傍聴、女性議員たちの事務所訪問などを行い、「男性政治」と戦う人たちの実際の姿を学ぼうと考えています。ちなみに「パリテ・アカデミー」は、三浦まり教授とお茶の水大学ジェンダー研究所の申きよん教授が共同代表をしている一般社団法人で、「女性議員を増やすためのトレーニング」などを政治家を目指す女性たちに提供しており、すでに何人もの女性議員を輩出している素晴らしい団体です。

以上のように、今回講座の参加者には「メイン・ゼミ」と「サブ・ゼミ」で、「男性政治」をめぐる理論と実際を押さえてもらいます。そして、押さえていただいた後には、みなさんに「「男性政治」に終わりを告げるための物語」をつくっていただこうと思っています。

 「「男性政治」に終わりを告げるための物語」とは、たとえば「これから登場するであろう女性首相の物語」であったり、たとえば「地方都市において首長となった女性が議会に巣くう男性政治家たちと戦いあるいは協調しながら理想的な町を形作っていく物語」であったり、様々な物が考えられると思いますが、そのような、実際の「男性政治」が引き起こす問題を示し、その解決に取り組んでいく人たちの奮闘する姿を共感を持って視聴いただけるような物語を作ることによって、行動する人々が生まれ、この国をより良い国にする流れが生まれ、果ては、ジェンダー平等で、どんな人をも排除せず、互いの違いを尊重し、女性の尊厳も守られて、どのような暴力も許さない社会を実現していくこと。それが本講座の最終的な目的地です。

【どのような人向けの講座か】
・いまだに日本が男性中心社会であることに憤っている人
・政治や経済などにおけるジェンダー平等が早く達成すればいいと思っている人
・女性であることが不利になる日本社会にイラ立っている人
・そのような社会にありながら、頑張ってる女性たちとともに闘いたいと思っている人
・映画や演劇やドラマ、小説、漫画、歌などの力を信じている人
・映画やドラマ、小説や漫画を通じで、今までの社会通念に一石を投じたい人
・良き世界にしたいと思っている人

【参加の条件】
・本講座は日本語で行われます。日本語を聞き取り、日本語を話し、日本語でコミュニケーションをとる能力を持っていること。
・経験や年齢、ジェンダー、国籍は問いません。
・参加希望者が未成年であった場合、保護者の了承が必要です。
・暴力団員、暴力団準構成員、これらと密接な関係を有する者、その他の反社会的勢力でないこと。
・今回最終的に作品の企画を提出し、短編シナリオを書いてもらうことになりますが、企画書やシナリオ執筆の経験や企画書やシナリオの書き方を知っている必要はありません。
・本講座は、解散総選挙など政治日程の都合により延期の可能性がありますことをご了承ください。その場合、返金などの対応はさせていただきます。

【講師からのメッセージ】
演劇、ドラマ、映画には社会を変える大きな力があると思います。世界的に人権意識が急速にアップデートされている現在、人権に配慮のない作品は評価されないどころか、見てもらえなくなる傾向が強まっています。シバイバという場を通じて、感覚を研ぎ澄まし、今の時代に求められていることが探求されることを期待しています。

本講座では「女性と政治」「男性政治」という角度から、ステレオタイプを脱却し、社会を刷新していく新しい人物像を作り出していくには、どういった点を考慮する必要があるのかを、拙著を通じてお伝えしていきます。今までの政治家や権力の描かれ方、特に女性リーダーの描かれ方に不満や物足りなさを感じていたら、ぜひ一緒に新しいビジョンを考えていきませんか。

政治はわたしたちの生活を支えてくれると同時に、時には生命を奪ってしまう力を持っています。そんな重要な役割を持つ政治を、一部の(男性)政治家に委ねてしまうほど危険なことはありません。政治に人々が翻弄される実態(ドラマ)を伝えると同時に、(女性)市民が政治を変えていくストーリーが生み出されたら、日本社会の閉塞感も変わっていくのではないでしょうか。

三浦まり

【講師情報】
三浦まり(上智大学法学部教授)
〇略歴
1967年東京都生まれ。慶応義塾大学卒業。カルフォルニア大学バークレー校大学院修了。Ph.D.(政治学) 2021年、フランス政府より国家功労勲章シュバリエ受章。 専攻は現代日本政治論、ジェンダーと政治 現在、上智大学法学部教授

〇作品,著書歴
・『政治って、面白い!―女性政治家24人が語る仕事のリアル』(花伝社、2023年)
・『さらば、男性政治』(岩波新書、2023年、石橋湛山賞、平塚らいてう賞)
・(共編著)『女性の参画が政治を変える―候補者均等法の活かし方』(信山社出版、2020年)
・(共著)『生きづらさに立ち向かう』(岩波書店、2019年)
・(編著)『社会への投資―〈個人〉を支える 〈つながり〉を築く』(岩波書店、2018年)
・(編著)『日本の女性議員 どうすれば増えるのか』 (朝日新聞出版、2016年)
・『私たちの声を議会へ―代表制民主主義の再生』(岩波現代全書、2015年)
・(共編著)『ジェンダー・クオータ―世界の女性議員はなぜ増えたのか』 (明石書店、2014年)
・(共編著)『流動期の日本政治』(東京大学出版会、2002年)

【講座スケジュール】
第1回 2月15日(木) 16:00-18:00 『さらば、男性政治』1、2章
第2回 3月4日(月) 16:00-18:00 『さらば、男性政治』3章
第3回 3月22日(金) 16:00-18:00 『さらば、男性政治』4章
(企画書提出) 4月4日(木) – 各自シバイの企画をメールで提出
第4回 4月15日(月) 18:00-20:00 『さらば、男性政治』5章
(シナリオ提出) 5月6日(月) – 各自シバイのシナリオをメールで提出
第5回 5月13日(月) 18:00-20:00 『さらば、男性政治』6章
(シナリオ直し提出) 5月25日(月) – 各自シバイのシナリオをメールで提出
第6回 6月3日(月) 18:00-20:00 『さらば、男性政治』7章
(作品発表会) 6月25日から6月30日まで – 優秀シナリオを演劇として上演し、その内容を世に問うイベントを行います。

【使用テキスト】
三浦まり著『さらば、男性政治』(岩波書店)
三浦まり編著『政治って、面白い!:女性政治家24人が語る仕事のリアル』(花伝社)
※ 上記テキストは各自、事前に購入し、当該箇所を読んでおいてください。

【参加形態】
MEMBERとOBSERVERの2種類があります
〇MEMBER:¥33,000- +サブ・ゼミ参加回数
・「メイン・ゼミ」全6回の講座を「築地会場」にて受講していただきます。
・交通費、宿泊費などはご自分でご負担ください。
・「メイン・ゼミ」前半の3回は、三浦先生のご著書『さらば、男性政治』(岩波書店)を読解するとともに、そこから派生する問題を考えたいと思っています。また、この間、参加者の皆様には、最終的にどのような物語を書きたいかをぼんやりと、そしてだんだん具体的に煮詰めて行ってください。4月4日に企画書を提出していただきます。
・企画書の書き方やシナリオの書き方は知らなくて大丈夫です。
・「メイン・ゼミ」後半の3回は、前半3回で学んだことをもとに、最終的には短編シナリオを完成してもらいます。そして、それを事務局の指定した演出家か、あるいはご自身で演出していただき、短編演劇として6/25から6/30までの6日間、他の講座や他の参加者の作った作品とともに、築地本願寺ブディストホールにて披露してもらいます。この披露会では、作品の内容にちなんだ著名ゲストをお呼びし、観客投票により最優秀作品を1つ選びます。賞金は50万円です。
・最終的に作品を提出するのは義務ではありません。ありませんが、〆切がないと人間はなかなか作品を仕上げないもの。〆切を利用して自らを追い込み、本講座での学習の成果をさっそく作品にしてみてください。
・短編演劇祭をやって終わりではありません。むしろ、〆切を利用して出来上がった短編シナリオは、これから開発する新しい映画やドラマなどの火種となるものです。最優秀作品賞を受賞した作品はもちろん、それ以外の上演作品、また上演には至らなかった作品なども、講座終了後も、事務局および講師は、映画化やドラマ化、あるいは小説化や漫画化やゲーム化に向けて、企画開発および営業の手助けを継続的にさせていただきます。
・「サブ・ゼミ」は実際の政治日程などと連動しているために現時点で日時と場所を公表することが出来ません。MEMBERには、なるべく早めに日程や時間などお教えしたいと思っています。また、参加するかどうかは各自の自由ですが、作品を書くうえで、議会のリアリティや、議員たちの個性などを知っておくことは有益かと思います。
・受講に先立って「メイン・ゼミ」全6回分の受講料(5,500円×6回=33,000円<税込>)を一括でお支払いいただく、または分割にてお支払いいただきます。
分割でのお支払いの場合、その月の講座回数によってお支払い額が変動しますが、1回分の受講料は5,500円<税込>となります。詳しくは、【受講料とお支払い方法】をご確認ください。
・「サブ・ゼミ」に関しては開催が判明したときに、つどつどお知らせし、お振込みいただくことになります。1回の開催につき3,300円<税込み>をお支払いいただきます。
・MEMBERの定員は30名とさせていただきます。
・申し込み締め切りは、2月14日18:00です。ただし、定員になり次第打ち切ります。

〇OBSERVER:¥19,800-
・全6回の講座をオンラインにて受講しいただきます。
・OBSERVERは講師とMEMBERのやりとりを聴講していただけます。
・聴講をすることによって知り得たアイディアをご自分の作品(プロデュース作品、演出作品、執筆作品、企画作品など全て)について利用する場合は、必ず、シバイバ事務局を通して、講師とMEMBERとして受講している者たちに承諾を得ることを了承していただきます。申し込みを行った時点で、このことを了承しているとみなします。
・前半の3回は、三浦先生のご著書『さらば、男性政治』(岩波書店)を読解するとともに、そこから派生する問題を考えたいと思っています。
・後半の3回は、前半3回で学んだことをもとに、MEMBERがシナリオを構築していく過程をご覧になることが出来ます。
・受講に先立って全6回分の受講料(3,300円×6回=19,800円<税込>)を一括でお支払いいただく、または分割にてお支払いいただきます。
分割でのお支払いの場合、その月の講座回数によってお支払い額が変動しますが、1回分の受講料は3,300円<税込>となります。詳しくは、【受講料とお支払い方法】をご確認ください。
・OBSERVERの方は、サブ・ゼミには参加できません。
・OBSERVERの定員はございません。
・申し込み締め切りは、2月14日18:00です。

【お申込み方法】
https://shibaiba.com/archives/289
上記URLよりお申込みください
※締め切り2024年2月14日18:00まで


【ハラスメント防止対策ポリシー】
・あらゆる人間の人権を擁護する立場につくこと。
・どのような人も、ハラスメントをする側にも、される側にもなる可能性があります。自分の行動や言動が相手に不快な思いをさせる可能性があります。そのことを承知し、自らの行動や言動が他人を不快にさせていないかに関して注意深くあること。
・他人を自分と同じひとりの人間と認め、その個性とアイディアを尊重すること。
・他人のアイディアを盗まないこと。他人のアイディアを利用する場合は本人もしくはしかるべき相手の了解を得ること。また了解を得たことを作品などに明記すること。




※募集案件に対して応募後のやり取りについては、当サイトは関与できませんので個人情報の受け渡し、面談等直接会われる場合は、細心の注意をお願いいたします。
※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
ご利用についての注意事項・ハラスメントに対する対応について。

掲載者情報

掲載者シバイバ
担当者河野将悟
お問い合せ先info@shibaiba.com
関連URLhttps://shibaiba.com/
その他情報公式X:https://twitter.com/shibai_ba
お問い合わせ ※ご利用の端末に設定されたメールソフトが開きます。

最新の投稿

[映画][キャスト / 役者募集]
【累計1500万再生突破】のプロデューサーが仕掛けるSNS恋愛ショートドラマ
投稿日:2024-06-16 21:53:02
[映画][キャスト / 役者募集]
全国シネコンで劇場公開の青春映画、ボランティアエキストラさんを募集します!
投稿日:2024-06-16 21:38:30
[映画][スタッフ募集]
中・長編自主制作映画 スタッフ募集 6/30締切
投稿日:2024-06-16 21:37:45
[映画][キャスト / 役者募集]
【急募・女性限定】オンライン医療サービスの広告に出演いただける女性演者様(インタビュアー)を募集します
投稿日:2024-06-16 19:56:18
[映画][キャスト / 役者募集]
福井県企業様 エモーショナルなTVCMキャスト募集【25歳男性】【55歳女性】
投稿日:2024-06-16 19:25:11
[映画][スクール / ワークショップ]
【定期的にお芝居に触れられる場所が欲しい方!!】◾︎◾︎俳優・水野智則主宰/演劇集団Emmu◾︎◾︎ 私たちと一緒に稽古しませんか? まずは1日限りの体験稽古に是非、ご参加ください^^
投稿日:2024-06-16 18:52:03

クラウドファンディング