映画好きのための俳優ワークショップ&映画撮影@練馬区(3月から約半年)

開催:2018年02月13日~2018年02月28日
投稿者:ふし文人
募集地域:埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県  投稿日:2018-02-14 18:52:15
URL:http://chibisand.jugem.jp/

〈FUSSIみるワークショップ〉募集

「ワークショップで演技力を磨き、
一緒に映画を作りませんか?」

「役作りに必要な、自分の言葉。
そして映像で必要な自然な演技」

「自然な演技とは、生活に根ざし
ウソがなく、五感で感じたままを表現する力」

2018年3月に始動
@光ヶ丘(東京都練馬区)
定員10名(残りわずか)
毎週土曜日の夜
主宰=伏見優作
企画=砂上のろうかくsutudio
後援=Frontier label
問い合わせ=fussi358@gmail.com

〈映画好きのための俳優ワークショップ〉
7ヶ月間限定、一回=1000円、少数制(面談あり)

※一定期間のワークショップ終了後、インディーズ映画の撮影を行います
(内容はメンバーにより変わります)

以下詳細

★2018年2月28日までにプロフィールを提出
まず面談時間を予約要(先着順)。
(まずはメールして下さい)件名は「シネマプランナーズWS]
写真、氏名、最寄り駅、メールアドレス、生年月日、経歴(経験不問)を明記

★2月中に面談

★3/10(土)開始(定員決まり次第〆切)

●2018年3月~9月、演技ワークショップ
(週1回、基本的に土曜日の夜18:15~21:15、5/5と8/11は休み、全28回)
●2018年9月から撮影→11月頃までの予定
(上映会→2018年年末頃)
予定は変更になる場合があります

「まずお話ししましょう」

「映画を愛する監督」

【主宰・伏見優作プロフィール】
留学中にニューヨーク大学で映画作りと出会う。 龍谷大学文学部英米文学科を卒業後、大阪の映画スクールに一年通い、井筒監督に師事する(同級生には吉田康弘監督など)。 いくつか自主映画を作った後、上京し井筒監督の現場「パッチギ!LOVE&PEACE」などに参加。また演技訓練も受けて、鴻上尚史やシェイクスピア、ニール・サイモンなどの戯曲、『十二人の怒れる男たち』の舞台にも出演。そして2011年の震災を機に、インディーズ映画を再開。2013年からの「東京サバ女」映画シリーズは、シネドライブ映画祭、福岡インディペンデント映画祭、新人監督映画祭、名古屋シネマテークなどにおいて上映

ふし文人

クラウドファンディング- CROWDFUNDING -

最新情報を見る
.