映画・映像制作を学ぼう⑥映画監督・高橋巌さんに学ぶ、企画の育て方、実践編!

開催:2018年11月03日~2018年11月03日
投稿者:yasuda chihiro
募集地域:埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県 / 静岡県  投稿日:2018-10-30 22:58:14


【チガラボMovie】映画・映像制作を学ぼう⑥〜映画監督・高橋巖さんに学ぶ、企画の育て方、実践編! 〜 by StudioMalua


このシリーズは、湘南に映画映像コミュニティを作るプロジェクト「スタジオMalua」の安田ちひろさんによる企画です。4月から半年間、月に一度ゲスト講師をお呼びし、「仲間とつながる」「実践的」をキーワードに、映像制作に役立つイベント内容を企画しています。


今回は最終回!!!
講師は映画監督の高橋巖さん。実際に映画のプリプロダクションの過程を学びます。


〈主な内容〉
プリプロダクションとは、映画などの撮影に入る前に行う準備作業全体のこと。
具体的には、企画・構成・脚本・や絵コンテを完成・キャストやスタッフの決定・美術作成・全体のスケジューリング・ロケハンなど。
実際に、湘南地域を舞台にした短編連作企画「江ノ島シネマ(仮)」を参加者全員で練っていくワークショップを行います。
また今回で「映画・映像制作を学ぼう」は最終回になりますが、引き続き「江ノ島シネマ(仮)」の映画制作してみなさまに発表していく予定です。
プロのメンバーを中心に、アマチュアの方・未経験の方も参加できる新しい映画制作をしていく予定です。今回のイベントでは、その運営メンバー・制作メンバーも募集します。



〈高橋巖さんからのメッセージ 〉
「こんな作品を作りたい」という想いと完成した作品の間には、いくつもの障壁があります。それらは作品ごとに姿を変えて立ちはだかるのですが、特に撮影開始前、いわゆるPre-production の期間に多く見られます。ここをクリアすることはとても重要なのですが、情熱と運だけでは容易に乗り越えられません。そこで重要になるのが企画の練り方です。
今回は基本的なプロセスを踏まえつつ、ワークショップ形式で一緒に魅力的な企画を作っていこうと思います。この講座が、みなさんの温めている企画を少しでも前に進めるきっかけになれば嬉しいです。



<イベント概要>
日時:11/3(土)18:00~21:00
場所:コワーキングスペース チガラボ
   茅ヶ崎市新栄町13-48ワラシナビル5F
   https://goo.gl/maps/Zu3n2C5oGQp
   ※茅ヶ崎駅徒歩3分
参加費:一般3,000円、メンバー/学生2,500円
申込方法:当イベントページの参加ボタンまたはホームページ(https://chiga-lab.com/)よりお申込みください。


〈タイムスケジュール〉
18:00-18:20 オープニング・自己紹介
18:20-20:20 企画の育て方・江ノ島シネマ企画
20:20-21:00 コミュニティ概要・交流会




<ゲストプロフィール>
高橋巖さん
1987年『帝都物語』(監督・実相寺昭雄)に助監督として参加。実相寺監督や是枝裕和監督のチーフ助監督を経て、2001年『infinity∞波の上の甲虫』(原作・いとうせいこう)で劇場映画を監督する。以降、映画、テレビ、OV、ネットドラマ、企業VPなどの監督や、イベントの演出も行う。2008年から8年間、和光大学で准教授として映像の講義や実習を担当。ゼミでは企画から制作、宣伝、公開の過程を1年間で行う過酷なプログラムを指導。大学在籍中に鶴川ショートムービーフェスティバルの立ち上げに参加。現在も審査委員を務めている。


<主催者プロフィール>
安田ちひろさん
湘南映画映像コミュニティ・スタジオMalua代表。1987年生まれ、茅ケ崎在住。和光大学表現学部卒。大学在学時に自主映画制作を始め、現在まで5本制作。2012年、脚本家・小林弘利氏に師事し、脚本家として活動開始。2016年、関西テレビ深夜ドラマ「大阪環状線〜ひと駅ごとの愛物語〜」第8話脚本など。現在、湘南映画映像コミュニティ・スタジオMaluaを立ち上げ準備中。

スタジオMalua代表
安田ちひろ
.