《俳優・劇作家募集!》3/11・18・19・20「せりふを読んでみよう」講師=土田英生(応募締切:2/20)

開催:2019年03月11日~2019年03月20日
投稿者:日本劇作家協会
募集地域:茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県 / 山梨県 / 長野県 / 新潟県 / 静岡県  投稿日:2019-02-06 19:01:05
URL:http://www.jpwa.org/main/activity/serifu

─────────────
《俳優&劇作家&見学者募集!》
★ 日本劇作家協会「せりふを読んでみよう」★
劇作家と俳優のためのせりふの読みかたワークショップ
─────────────
⇒詳細 http://www.jpwa.org/main/activity/serifu
─────────────

《「楽譜のように読む」 ── 土田英生 》
「台本を手渡されたものの、最初にどう声を出したらいいのか分からない。そうした経験を多くの俳優はしています。
 音楽のことを考えてみます。楽器などは誰が演奏しようと音程やリズムは基本的に同じです。楽譜に従って演奏すればいいからです。それをクリアした上に個々の表現なるものは生まれる。実は演劇も同じだと考えます。俳優にとって個性は大事ですし、他とは違う自らの魅力探しも必要ですが、「楽譜通りに音を出す」ということには無頓着な気がします。
 演劇における楽譜は……台本です。台詞の音は台本に書かれています。しかし、俳優がそれぞれ勝手に読み、バラバラに好きな声を出していては曲になりません。今回の講座では正確に譜面(台本)を読み、その通りに演奏(演技)するということに焦点を当てます。
 講座本体は俳優向けですが、それに伴い私を手伝ってくれる若干名の劇作家も募集します。講座の中でテキストを提供してもらい、楽譜として機能しているかどうかを一緒に検証したいと考えています。これは劇作をしていく上で役立つスキルだと思います。

[講師プロフィール]
土田英生(つちだひでお)
劇作家・演出家・俳優。MONO代表。
1967年、愛知県生まれ、京都在住。
1985年の立命館大学入学と同時に演劇を始め、89年にB級プラクティス (現MONO)結成。90年以降の全作品の作・演出を担当。99年に『その鉄塔に男たちはいるという』でOMS戯曲賞、2001年に『崩れた石垣、のぼる鮭たち』で芸術祭賞優秀賞。2010年から2013年まで「日本の劇」戯曲賞の最終選考委員、2014年より北海道戯曲賞の最終選考委員。劇作と並行して映像脚本の執筆も多数。ドラマ『斉藤さん』『崖っぷちホテル!』、映画『約三十の嘘』『初夜と蓮根』など。2017年、小説『プログラム』(河出書房新社)を上梓。

─────────────

【スケジュール】
・3月11日(月) 《一般公開》13:00ー16:30=オリエンテーション+稽古
・3月18日(月) 終日=稽古
・3月19日(火) 終日=稽古
・3月20日(水) 10:30ー12:00=稽古/《一般公開》13:00ー16:30=リーディング+講評+トークセッション

【最終日トークセッション】
・3月20日(水) 15:00ー 土田英生 ほか
(登壇者は決まり次第、劇作家協会ウェブサイト http://www.jpwa.org/main/activity/serifu にて発表いたします。)

【会場】
芸能花伝舎 創造スペース[住所:東京都新宿区西新宿6-12-30]
11日=C1 / 18日=C2 / 19日・20日=B1b

──────
◎ 申込み
──────
○応募・予約受付期間
[受講]俳優=2月6日(水)0:00ー20日(水)23:59締切
[聴講]劇作家=2月6日(水)0:00ー20日(水)23:59締切
[見学]一般=2月12日(火)正午より[*定員に達した場合は、受付を締め切ります]


◯募集要項

*俳優・劇作家共通
[定員]俳優=10名程度/劇作家=5名程度
[応募受付期間]2019年2月6日(水)0:00ー20日(水)23:59
[応募先]jpa.serifu@gmail.com
[選考]
・応募後3日以内に受付確認メールをお送りします(土日祝はやや遅れる場合があります)。
・書類選考ののち、2月26日(火)夜までに参加の可否をメールでご連絡します。
・上記アドレスからのメールが受信できるようご設定ください。

*俳優
[受講料]4日間 4,000円 (別途テキスト代がかかる場合があります)
[応募条件]
・全4日間の参加が確実に可能な方。遅刻・早退不可。
・20歳以上
・舞台経験2年以上
・プロの俳優として生計を立てていくことを目標にしている方
[応募方法]
・メールのみ受付/経歴書(サイトよりダウンロード)と写真2枚をメール添付で送付。
⇒詳細をサイトで必ずご確認ください。

*劇作家
[参加費]無料 (別途テキスト代がかかる場合があります)
[応募条件]
・全4日間の参加が確実に可能な方。遅刻・早退不可。
・年齢不問
・1作以上の戯曲執筆経験のある方
・今後も書き続ける意志をお持ちの方、プロの劇作家を目指す方
[応募方法]
・メールのみ受付/経歴書(サイトよりダウンロード)をメール添付で送付。
⇒詳細をサイトで必ずご確認ください。

*一般見学
[予約受付開始日]2月12日(火)正午より(*定員に達した場合は、受付を締め切ります)
[参加費]無料
[一般公開対象日]
・3月11日(月) 13:00ー16:30=オリエンテーション+稽古
・3月20日(火) 13:00ー16:30=リーディング+講評+トークセッション
**両日来場の他、どちらか1日のみのご予約も承ります
[予約方法] 受付開始日以降にサイトに設置の予約フォームよりお申込みください。
・ご予約案内: http://www.jpwa.org/main/activity/serifu#kengaku

──────
◎お問合せ
──────
松本 悠・国松里香
日本劇作家協会 事務局
住所:〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-29-14-501
TEL: 03-5373-6923
MAIL: jpa.serifu@gmail.com (せりふWS専用)
Webサイト: http://www.jpwa.org/
.