CINEMA PLANNERS > イベント > 〈映画史研究家・春日太一氏×期待の新鋭監督・堀川湧気氏のトークセッション付き上映〉 劇場公開作品「もう一度生まれる」

〈映画史研究家・春日太一氏×期待の新鋭監督・堀川湧気氏のトークセッション付き上映〉 劇場公開作品「もう一度生まれる」

投稿日時:2023/03/28 06:Mar:th
投稿者:オダ
募集地域:埼玉 / 千葉 / 東京 / 神奈川
期間:2023/03/28~2023/04/07

期待の新鋭監督・堀川湧気氏と映画史研究家・春日太一氏の
スペシャルトークセッションが本日、3月28日(火)/池袋シネマ・ロサにて21時から開催されます。
このトークセッションが行われるのは、
「もう一度生まれる」(堀川湧気監督)上映後に行われます。
この作品は、京都国際映画祭やゆうばり国際ファンタスティック映画祭などで高い評価を受け、
既に映画監督・岩井俊二氏や俳優・別所哲也氏、
フジテレビアナウンサー・内田嶺衣奈氏などの著名人からも
作品を支持する声があがり、劇場公開が決定致しました。

【「もう一度生まれる」作品HP】
https://www.creativevillage.ne.jp/category/lp/128500/

【池袋シネマ・ロサでのイベント詳細について】
https://www.cinemarosa.net/mouichidoumareru.htm


「もう一度生まれる」は、スーパー銭湯の清掃員が主役で
閉店時間の深夜〜早朝に掛けて、〈当たり前の景色〉を保つため、
清掃員が奮闘する姿が描かれた映画です。
監督は、フジテレビ報道番組「Live News α」ディレクターとしても活躍。
当時、ADだった時に監督・プロデュースを務め、
報道の世界で培った経験が作品に反映されています。


【「もう一度生まれる」イントロダクション】
コロナ禍で閉店を余儀なくされたスーパー銭湯を舞台に
“喪失”と“再生”の2つの時間を描いた作品。
人々に拠り所を与え、心と体を癒やしてくれるスーパー銭湯だが、
コロナの影響で閉店になり、役割を果たせなくなる。
しかし、清掃員(スタッフ)という立場を通して、今一度、空間に触れ、
綺麗にしていくことでまるで空間が生きているような…
生まれ変わる瞬間を描き、演出・脚本面ともに高い評価を受けた。

【「もう一度生まれる」あらすじ】
スーパー銭湯の新人清掃員として働く市川亮太(斉藤天鼓)。
新しい環境で自分の居場所を見つけていくが、
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、スーパー銭湯は休業を余儀なくされる。
休業の間、清掃作業からも遠ざかり、
客を向かい入れていた〈当たり前の景色〉は失われていった。
休業期間が長引く中、店長から1通のメールが届く。
それは営業再開に踏み切ることなく、スーパー銭湯の閉店を知らせるものであった。
閉店を前に、亮太と清掃員たちの最期の清掃作業が始まっていく。

【もう一度生まれる」推薦コメント紹介】
映画監督・岩井俊二氏
「都会で働く人たちの休息の場としての湯殿。お湯。
その場と湯を支える人たちの汗もまた人生を巡る。そんな余韻の物語でした」

俳優・別所哲也氏
「コロナが強引に連れてきた未来が沢山ある。 良いコトも、悪いコトも。
ヒトが集まるスーパー銭湯。
その現在進行形の強引な未来では、銭湯も姿を変えていかざるを得ない。
それは、僕たち自身も同じこと。
銭湯が、イキモノのように発する声、息遣いに耳を傾け、
銭湯が優しく抱きしめてきた記憶が、かかわる人々を通じて覚醒する。
湯船に浸かって1から10まで数えた、僕自身のあの想い出も蘇る。
全ての営みに、始まりがあれば、終わりがある。
でもそれは、この作品のタイトル通り、『もう一度生まれる』ためなのだ」

映画史研究家・春日太一氏
「自主映画の映画祭の審査員として過去1000本ほどの作品に触れてきましたが、
その中でトップクラスの出来でした。
登場人物たちの配置や出し入れ、個々のキャラクター描写に申し分ないのも素晴らしかったですし、
物語構成や編集も卓越したものがありました。 そして何より音の使い方です。
風呂場の床を磨く音、ボイラーが稼働する音、お湯が流れ出る音。
こうした効果音を繊細に積み重ねていくことで、
舞台となるスーパー銭湯がまるで生きものかのように映し出され、
それが「最期の日」を迎えるという設定をより感動的なものにしていました」

フジテレビアナウンサー・内田嶺衣奈氏
「床のタイルを磨く音、水が流れていく音、子供の笑い声…
音がとても心地よく効果的に使われていて、耳を澄ませて見聞きしたくなる作品です。
慌ただしい日々の放送業務に向き合いながら、さらに映画を撮るという
バイタリティ溢れる堀川監督を尊敬しています。
それだけ表現したいものへの想いが強い、ということ。
コロナ禍で沢山の取材に出向き、
沢山の人の生の声を聞いた堀川ディレクターだからこそ表現された、
登場人物一人一人の繊細でリアルな感情がそこにあるように感じました」

フジテレビ『Live News α』元キャスター・三田友梨佳氏
「2020年。新型コロナの感染拡大によって私たちの生活は一変した。
これまでの当たり前の日常が当たり前ではなかったことを知った。
水の音、湯桶の音、湯気の温もり、人の声、、、
人が命を吹き込むことで輝く空間が虚けた時、人は何を思うのか。
そして空間が命を宿していく時、人の心には何が生まれるのか。
銭湯という日常を舞台に描かれる終わりと始まりの物語である」


【開催日】
3月28日(火)
21時〜池袋シネマ・ロサで「もう一度生まれる」上映。
22時〜上映終了後にトークセッション実施。30分ほどを予定。
住所:〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-37-12

【チケット購入について】
池袋シネマ・ロサ窓口にて、1500円で販売中。
池袋シネマ・ロサでの上映は4月7日まで。

【監督プロフィール】
堀川 湧気。1995 年⽣まれ。
⽇本⼤学藝術学部映画学科で、映画やドキュメンタリーの制作について学ぶ。
卒業後は、テレビ業界に進み、
フジテレビの報道番組「Live News α」の制作に携わる。
現在はディレクターとして、現場への取材、原稿執筆、編集までを主に担当する。
学⽣時代、監督作品が NHK E テレ「岩井俊⼆の Movie ラボ シーズン2」に
ノミネートされ、テレビ出演を果たす。
出演時には、岩井俊⼆監督とゲストの堤幸彦監督に作品についての講評を頂く。
2021年、監督・脚本・編集・プロデュースを務めた映画
「もう⼀度⽣まれる」が京都国際映画祭にノミネート。
ノミネートを通じて、優秀作品に贈呈される「優秀賞」も受賞する。
2022年には、「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」にもノミネート。
映画と報道制作、あらゆる映像ジャンルで活動の場を増やしている。




※募集案件に対して応募後のやり取りについては、当サイトは関与できませんので個人情報の受け渡し、面談等直接会われる場合は、細心の注意をお願いいたします。
※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
ご利用についての注意事項・ハラスメントに対する対応について。

掲載者情報

掲載者「もう一度生まれる」制作チーム
担当者織田
お問い合せ先born.once.again.27@gmail.com
関連URLhttps://www.creativevillage.ne.jp/category/lp/128500/
その他情報【「もう一度生まれる」作品HP】
https://www.creativevillage.ne.jp/category/lp/128500/

【池袋シネマ・ロサでのイベント詳細について】
https://www.cinemarosa.net/mouichidoumareru.htm
お問い合わせ ※ご利用の端末に設定されたメールソフトが開きます。

最新の投稿

[映画][キャスト / 役者募集]
大阪芸大卒業制作『アミマドンナ』役者募集!4/17締切〔大阪・奈良にて撮影〕
投稿日:2024-04-15 21:00:19
[舞台][スタッフ募集]
照明技師(常勤)募集
投稿日:2024-04-15 20:24:31
[映画][スタッフ募集]
3rd助監督募集!
投稿日:2024-04-15 20:16:52
[映画][キャスト / 役者募集]
【探してます!】婚約者の男性に自分に借金がある事を告白する女性役【動画ショート広告ご出演/継続あり】
投稿日:2024-04-15 18:39:29
[映画][スタッフ募集]
劇場公開用
投稿日:2024-04-15 17:16:20
[映画][キャスト / 役者募集]
役者と監督で作るショートドラマ新企画!男性11名、女性11名キャスト募集しています!
投稿日:2024-04-15 17:00:40

クラウドファンディング