【商業映画チーフ助監督】があなたの主演映画を製作します。

締切:2019年01月01日
投稿者:take
募集地域:埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県  投稿日:2017-11-17 17:53:14
URL:https://takeshimatsuura-flim.amebaownd.com/pages/1117519/page_201707091157

はじめまして。
商業映画やテレビドラマで助監督をやっている松浦健志と申します。

この度、活動をアピールする機会がなく、力を持て余している役者やミュージシャンの方々にむけて、名刺代わりとなる作品を作るプロジェクトを立ち上げました。
以下、詳細になります。

【内容】

脇役でもエキストラでもない、「あなたがメインキャスト」のオリジナル映画を製作します。

※必ずしも単独主演という事ではありません。複数人がメインキャストとして出演する群像劇となる事もあります。

※尺は20分以内とさせて頂きます(内容により変動します)。

※ミュージックビデオや結婚式の撮影なども可



【監督プロフィール:松浦健志】

1985年6月3日、神奈川県生まれ。

日本大学芸術学部放送学科卒業後、商業映画・テレビドラマを中心に助監督として活動。近年助監督として携わった主な作品は、2017年3月公開映画「しゃぼん玉」(主演:林遣都)、2017年6月公開映画「結婚」(主演:ディーン・フジオカ)、2017年11月公開映画「覆面系ノイズ」(主演:中条あやみ)、2018年1月公開映画「愛の病」(主演:瀬戸さおり)、他情報解禁前の映画多数あり。

また監督した主な作品は第19回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭正式出品された「とある放課後に」(2010)、新宿バルト9など全国6箇所で劇場公開及びネット配信した「口笛狂騒曲」(2012)、 第13回ダラス・アジアン映画祭正式出品、第1回新人監督映画祭招待上映された「はじまりに花束を」(2013)、第2回湖畔の映画祭正式出品、福岡インディペンデント映画祭正式出品された「私の刺」(2016)など。最新作は製作中の映画「夢の音」。



【イントロダクション】

本プロジェクトは、「プロフィールに役名ありの出演歴を作る手伝いはできないか」という想いから立ち上げました。

そういう想いに至ったのは、助監督として商業映画・テレビドラマで数多くのキャストオーディションを審査する中で、

「役名のある出演作がないために応募者の才能に気づかず落選させる可能性」

がある事に気づいたからです。

一般的なキャストオーディションには「書類審査」と「実技審査」があります。審査側にとって、より頭を悩ませるのは「書類審査」です。書類審査というのは文字通り「応募者から送られてきたプロフィール書類のみ」で審査しますので、この時点で「実際応募者に役者として優れた能力があるのかどうか」を正確に判断することは不可能です。正確な判断をするには応募者全員と直接お会いして審査することが必要ですが、実際のところ1つの役に500人もの人が応募してくる事もありますので、やはり書類審査でふるいにかける必要があります。

では書類のみで一体どうやって審査しているのかと言いますと、一概に言えませんが、

①応募者の容姿

②過去の出演歴

が審査に大きく影響してくることは間違いありません。

まず容姿に関して言うと、役のイメージに合っているかどうかの判断です。こればっかりは生まれ持った才能ですので、どうすることもできませんし、例え盛った写真で書類審査を通過しても実技審査で直接お会いしたときに審査側はマイナスの印象を受けてしまいますので、プロフィールの写真は自然体であることをオススメします。

そして応募者の出演歴ですが、応募者がどういった役を演じてきたかを見ることでおおよその芝居の能力を判断します。出演数が多ければ良いと思っている役者の方がいますが、残念ながら役名がなく芝居どころもない役ばかりでは判断材料にならず、審査側はスルーします。しかしこれは「本当は才能があるのに判断材料がないため審査側に伝わらない」可能性を秘めており、応募者にとっても審査側にとっても非常に「惜しい」状況と言えます。

この「惜しい」状況をなくすためにも「プロフィールに役名ありの出演歴を作る手伝いはできないか」と思ったわけです。それが「あなたがメインキャスト」の映画を製作するプロジェクトを立ち上げるきっかけになりました。



【本プロジェクトを利用するメリット】

①これまでに監督した作品は国内外の映画祭上映や劇場公開をするなど多くの方に観ていただける結果となっております。本プロジェクトで製作させて頂く作品に関しても多くの方に観ていただける作品になるよう尽力します。

②監督業以外に商業映画やテレビドラマの助監督をしています。チーフ助監督としてキャスティング部分にも意見できる立場ですので、私はよく知り合いの役者を推薦します。推薦した事で役を得た方が実際います。本作で出会った役者の方も適任と思われる役があったら推薦します。

③商業映画やテレビドラマのオーディションは応募者が殺到するため、はなから大手プロダクションにしか声を掛けない傾向にありますが、本作で知り合った役者の方で適任と思われる方にはオーディションをお知らせします。



【製作の流れ】

①ディスカッション

作りたい作品のイメージや演じたい役をお聞きします(「自分の魅力を引き出してほしい」といった事でも構いません)。またあなたの魅力を十分に引き出した映画にするため、あなた自身についてもお聞きします。

②シナリオ執筆

ディスカッションを踏まえてオリジナルのシナリオを執筆します。

③リハーサル・衣装合わせ

リハーサルは、シナリオの内容を稽古する事が目的ではなく、役や作品について改めて話し合い、共通のイメージを固める事にあります。

衣装合わせは、基本的にご自前の服を持ってきてもらい、役柄に適した服を選びます。※1

④撮影

「あなたがメインキャスト」の映画を撮影します。

⑤編集

撮影した素材を編集します。

⑥劇伴製作

映画に使用するオリジナルの音楽を製作します(映画祭などで上映する場合、オリジナルである必要があるため)。

⑦納品

DVD5枚納品します。※2



【料金】

製作の流れ①~⑦:出演者一人につき、50,000円~

※あくまで予算の中で最大限やれる事をやります。クライアントの要望が予算にハマらない場合は、その分別途で料金の追加をご相談します。いずれにしても相談しながら納得してもらった上で行います。

※料金のお支払いはシナリオをお渡しした後、製作の流れ③リハーサルまでに2万円、⑦納品までに残りの代金をお支払い頂きます。

※打ち合わせや撮影で発生するご自身の費用(交通費、食費など)はご自身で別途負担してください。

※1 衣装は自前になります。

※2 納品するDVDを6枚以上希望される場合は6枚目から1枚あたり150円。Blu-rayを希望される場合は1枚目から1枚あたり200円。データ納品を希望される方は別途50,000円。



【依頼方法】

以下、必要事項を明記して

tm.filmmaker@gmail.com

にお送りください。

1、名前(ふりがな)

2、年齢

3、性別

4、ご自身の写真

5、お芝居の経験(自主映画も可)

6、「作りたい作品のイメージ」や「演じたい役」などご希望ありましたらご記入ください

https://takeshimatsuura-flim.amebaownd.com/
.