報酬あり漫画「晴れた日に絶望が見える」実写化女性キャスト募集!締め切り1月22日

締切:2017年01月22日
投稿者:ta93
募集地域:全国  投稿日:2018-01-11 23:42:05
URL:http://www.ne.jp/asahi/abyu/abe/

本作品は漫画家、あびゅうきょ単行本電子書籍PRのためのプロモーション動画であり
あびゅうきょ作「晴れた日に絶望が見える」の短編実写化作品となります。
完成尺は約5分程度を想定しております。
こちらに登場する10代~20代前半の女性キャストを募集致します。

「晴れた日に絶望が見える」
「死の拠」・・・。
それを模索すべく1999年程前より描き始めた作品が『影男』シリーズである。
この絶望的影男の物語は、現在日本に生きる若き未婚男性そのものだ。
少子高齢化が進む時代・・、妻も娶れず、家庭も築けず、子を設ける事も出来ず、誇りある仕事に就ける訳でもなく、社会的に虐げられた上、老いても年金が貰える保障すらない。
長生きしたとてそれは苦痛に塗れた絶望人生。
最後は犬死だ。
その結果、男達はバーチャルな世界に逃げ込むしかなくなった。そんな孤独で絶望的な男達が溢れんばかりに漂う國、日本。
もはや、そこに生きる意味などあるのか?
否。
生きる意味など何一つないのだ。
自分の遺伝子を残せないオスに存在価値はない。
ただの「いらない人間」。
もはや、存在自体無意味になった今、人生の敗北者たる男達に唯一残された選択肢は「死の拠」のみ。
如何にこの絶望人生に決着をつけるか?
そうなのだ。
如何に生きるかよりも如何に死ぬかを人生の喜びとすればよいのだ。
残された唯一の道はただひとつ・・。
不用な身体を捨て、魂を新たなステージへ昇華させること。
20世紀前半の世界大戦で、310万人もの同胞が国家の為に殉じていった。
これと同じ「祀り事」が、近い将来起こっても何ら不思議ではあるまい。
男は結局、「死の拠」を求め彷徨う生き物なのだ。
生きる価値がなければ「死の拠」をみつけ、それに殉じるのが「いらない男」の務めであろう。
それが『影男』シリーズのテーマだ。
(本書あとがきより)

〈募集キャスト〉
女の子 1名 10代~20代前半

〈撮影予定期間・撮影場所〉
2月1日~7日のいずれか1日(仮)
東京近辺撮影予定
クランクイン前に1日程度衣小合わせ、本読み等がある可能性がございます。

〈オーディション予定日〉
1月24日(水)
都内近辺予定

〈ギャランティ〉
約1万程度となります。

〈応募事項〉
オーディションを希望される方はメールにて下記のアドレスにご応募ください。
応募締め切り1月22日(月)

① 氏名
② 生年月日(年齢)
③ 連絡先(メールアドレス/電話番号)
④ 身長/体重
⑤ 自己紹介文
⑥ 所属
⑦ 全身とバストアップの写真

上記の項目を記載の上、下記のメールアドレスにご応募お願い致します。

担当:小池匠
haretahinizetubou@gmail.com

〈スタッフ〉
監督:小池匠
監督作品「家族のつくりかた」が2017年、第三回あわら湯けむり映画祭にてグランプリ受賞。
第四回新人監督映画祭中編コンペ部門ノミネート。ユナイテッドシネマ豊洲にて上映。
大学連携による映画人育成のための上映会S.T.E.P.。K’sシネマにて上映。
その他MV等制作、YouTubeにて公開中

撮影:平見優子
撮影作品
「少女邂逅」2017年MOOSIC LAB 2017にて上映。観客賞受賞。
「BEATOPIA」 ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017 ワールドプレミア、MOOSIC LAB2017にて上映。


多くの方のご応募をお待ちしております。
質問等、お問い合わせに関しましても上記の連絡先までご連絡ください。




haretahinizetubou@gmail.com
09041808003
担当:小池匠
.