【急募】短編映画「Motherhood」のエキストラ募集!茨城の方大歓迎!! 11/20締切

締切:2018年11月20日
投稿者:s.heidi.m
募集地域:茨城県  投稿日:2018-11-17 15:08:47

短編映画「Motherhood」へのエキストラを急募します!

本作品は1996年まで実際に施行されていた「優生保護法」をテーマに描いたSF社会派ドラマの自主映画です。
”不良な子孫の出生を防止すること”を目的に、障害者の方々に対して行われた強制的な不妊手術は、実に1万6千件にも上ると言われています。
ほんの22年前まで行われていたこの法律に対し、日本では公的な謝罪が未だ行われていません。

そうした社会的な問題をSFタッチで描くことで、道徳的なことを説くというより、どのような方にでも見やすく、また良い意味で敷居の低い作品を目指します。

完成後は、国内外の映画祭に出展していく予定です。
また、Youtube、Vimeoでも公開していきます。


【あらすじ】
2018年、妊娠6ヶ月の坂口美彩 (33) は、夫の柊二 (35) と神社に安産祈願のお守りを買いにきていた。
その帰り道、美彩は足を滑らせ、石階段から転げ落ちてしまう。
美彩が目を覚ますと、周りには見知らぬ光景が…。
なんと美彩は24年前にタイムスリップしていたのだ!

1994年、精神病院。
美彩が精神科医である三橋和臣 (65) に診察を受けている。
美彩は未来からやって来たと必死に訴えるが、三橋にはまったく聞き入れてもらえない。
なぜか妊娠6ヶ月である事実だけを執拗に確認される。
そんな中、美彩は閉鎖病棟の談話室で、自分と同じように未来からやってきたという倉科恵里香 (34) と出会う。
恵里香から「この時代では精神病患者は強制的に不妊手術を受けさせられる」と聞いた美彩は、
元の時代に戻るため、そして自分の子供を守るため、精神病院からの脱走をはかるが、果たして…。

【撮影詳細】
撮影日:11月24日(土)@茨城県にある病院
    11月25日(日)@茨城県にある病院
※どちらか1日のみのご参加でもOKです!

【ギャラ】
謝礼はお支払いすることができませんが、交通費(上限1日2000円まで)、食事代は支給いたします。
※協力者としてご参加いただける方募集

【募集キャラクター】
★男性看護師

★女性看護師

★女性患者


【募集条件】
・黒髪/暗めの髪色(または黒髪/暗めにすることが可能)な方
・未成年の方は保護者の方の承諾、事務所等の連絡がとれる方

※学歴不問、運転免許などの資格も不問
※初心者、未経験者、プロダクション所属者応募可

【応募方法】
件名に「Motherhoodエキストラ希望」と記載の上

①お名前
②生年月日
③お住まいの最寄駅
④顔写真添付(あれば全身写真も添付)
⑤サイズ(身長・スリーサイズ・靴の大きさ)
⑥希望のキャラクター(あれば)

を下記のアドレスまでお送りください。
担当:松本サキ(プロデューサー)
saki@cp-prod.com

※お願いする方のみご返信させて頂きます。

【応募締切】
11月20日(火)

【監督プロフィール】
萬野達郎 / 映像ディレクター
大阪府出身。19歳の時に単身渡米。
カリフォルニア州立大学ノースリッジ校映画制作学科を卒業。
環境問題を題材にした「Save Earth, Save Us」が、2011年にShort Shorts Film Festivalをはじめ、世界各地の映画祭に入選し、The Accolade CompetitionではAward of Meritを受賞。米国NPO団体Japan Film Societyでは、メディアディレクターとして、同団体主催の映画祭「LA EigaFest」のオフィシャル映像のディレクションを担当。
日本に帰国後、歌舞伎俳優・市川海老蔵の映像作品や、カナダ建国150周年記念番組を演出するなど、監督として精力的に活動している。

<主な監督作品>
短編映画「Save Earth, Save Us」
Short Shorts Film Festival入選
The Accolade Competition、Award of Meritを受賞

市川海老蔵 第一回自主公演 
「ABKAI」プロモーションビデオ 
https://www.youtube.com/watch?v=wDY_koLeiHA

「MOSAIC-CANADA-」
第6話〜第11話
カナダ建国150周年記念ドラマ。
イマジカBS、スカパー!4K総合にて放送


ご応募お待ちしております!!

Creative Piece
プロデューサー
松本サキ
.