CINEMA PLANNERS > 作品募集 > SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2023 作品募集【締切3/1(水)必着!】

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2023 作品募集【締切3/1(水)必着!】

投稿日時:2023/01/25 13:Jan:th
投稿者:SKIPシティ国際Dシネマ映画祭
募集地域:全国
締切:2023/03/01

世界各国の新鋭監督の作品を対象とした国際コンペティション映画祭として、2004年より埼玉県川口市で開催を重ねてきたSKIPシティ国際Dシネマ映画祭(主催:埼玉県、川口市、SKIPシティ国際映画祭実行委員会)は、今年、記念すべき20年目を迎え、2023年7月15日(土)~7月23日(日)の9日間の日程で開催することが決定しました。

1月25日(水)から3月1日(水)までの期間、コンペティション部門(国際コンペティション、国内コンペティション)の作品を公募します。

本映画祭のコンペティションは、“若手映像クリエイターの登竜門”として、映画界の未来を担う新たな才能の発掘と育成を主たる目的としています。

国際コンペティションは広く世界中から、国内コンペティション(長編部門・短編部門)は国内作品を対象に、エンターテインメント性と新たな表現の可能性を感じる作品を募集します。昨年(2022年)は99の国と地域から、合計935本の応募がありました。

厳正な選考によってノミネートした作品は映画祭期間中に上映し、著名な映画人等で構成される審査委員会による最終審査を経て、最優秀作品賞(グランプリ)をはじめ各賞を授与します。また両コンペティションを通じた全ての国内作品を対象に、今後の長編映画制作に可能性を感じる監督に対し「SKIPシティアワード」を贈ります。

本映画祭では、これまでに、カンヌ映画祭で3作連続受賞を果たしたトルコの巨匠ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督(『うつろいの季節(とき)』)、『シンプル・シモン』のアンドレアス・エーマン監督、『彼の見つめる先に』のダニエル・ヒベイロ監督、『家へ帰ろう』(映画祭上映タイトル『ザ・ラスト・スーツ(仮題)』)のパブロ・ソラルス監督、『ミッドナイト・トラベラー』のハッサン・ファジリ監督、『ルッツ 海に生きる』のアレックス・カミレーリ監督など、世界各国の新鋭をいち早くジャパン・プレミアで紹介してきました。

国内作品では『死刑にいたる病』の白石和彌監督、『浅田家!』の中野量太監督、『決戦は日曜日』の坂下雄一郎監督、『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督、『さがす』の片山慎三監督、『泣く子はいねぇが』の佐藤快磨監督、『彼女はひとり』の中川奈月監督、『夜を越える旅』の萱野孝幸監督らが本映画祭での受賞・ノミネートを契機に劇場公開や商業映画デビューへと羽ばたいていきました。

本年も、彼らに続き映画界に新風を巻き起こすような、意欲と才能あふれる皆さまからのたくさんのご応募をお待ちしています!

***********

<コンペティション公募概要>

※エントリーの際は、必ずSKIPシティ国際Dシネマ映画祭公式サイトに掲載している応募規約全文をよくご確認のうえご応募ください。

【募集期間】
2023年1月25日(水)~3月1日(水) 必着

【募集部門】
・国際コンペティション…作品長が60分以上の作品
・国内コンペティション(長編部門)…作品長が60分以上の作品
・国内コンペティション(短編部門)…作品長が15分以上60分未満の作品

作品長が60分以上の日本作品の募集は、国際コンペティション、国内コンペティションの区分なく一括して行い、ノミネート時に、実行委員会が委嘱する選考審査員の判断でいずれかに振り分けます。

【応募方法】
映画祭公式サイト内のオンラインエントリーフォームから応募してください。
https://www.skipcity-dcf.jp/

【募集作品】

■国際コンペティション

・デジタルで撮影・編集され、かつデジタルでの上映が可能な作品であること(ノミネート時にデジタル上映素材の提出が必須)。
・長編映画制作数が3本以下の監督の作品であること(応募作品が長編映画制作4本目以上にあたる場合は対象外。公開の有無に関わらず60分以上の作品、60分以上のアニメーション作品、ドキュメンタリー作品も制作数に含む)。
・ジャパン・プレミアであること、つまりSKIPシティ国際Dシネマ映画祭での上映が国内で初の上映であること(但し、大学などの教育機関における上映会や自主上映会などはこれに該当しない)。
・2022年1月1日以降に完成した作品であること。
・過去に本映画祭に未応募の作品であること。
・本映画祭の目的をよく理解した応募であること。


■国内コンペティション (長編部門・短編部門/国内作品のみ対象)

・日本作品であること。
・デジタルで撮影・編集され、かつデジタルでの上映が可能な作品であること(ノミネート時にデジタル上映素材の提出が必須)。
・長編作品は、長編映画制作数が3本以下の監督の作品であること(応募作品が長編映画制作4本目以上にあたる場合は対象外。公開の有無に関わらず60分以上の作品、60分以上のアニメーション作品、ドキュメンタリー作品も制作数に含む)。
・短編作品は、商業公開された長編映画(60分以上の作品)を制作したことがない監督の作品であること。
ジャパン・プレミアであること、つまりSKIPシティ国際Dシネマ映画祭での上映が国内で初の上映であること(但し、大学などの教育機関における上映会や自主上映会などはこれに該当しない)。
・2022年1月1日以降に完成した作品であること。
・過去に本映画祭に未応募の作品であること。
・本映画祭の目的をよく理解した応募であること。

※上記条件への適合に疑義が生じた際の最終判断は、実行委員会が行います。
※両部門とも、実写作品(ドラマ・ドキュメンタリー)、アニメーション作品のいずれも応募可能です。
※ノミネート結果、賞構成、審査員は後日記者発表および公式サイトにて発表します。
※詳細はSKIPシティ国際Dシネマ映画祭公式サイトでご確認ください。


<SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2023開催概要(予定)>
■会期:2023年7月15日(土)~7月23日(日) <9日間>
■会場:SKIPシティ 映像ホール(埼玉県川口市)他
■内容:国際コンペティション、国内コンペティション 他
■主催:埼玉県、川口市、SKIPシティ国際映画祭実行委員会




※募集案件に対して応募後のやり取りについては、当サイトは関与できませんので個人情報の受け渡し、面談等直接会われる場合は、細心の注意をお願いいたします。
※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
ご利用についての注意事項・ハラスメントに対する対応について。

掲載者情報

掲載者SKIPシティ国際Dシネマ映画祭事務局
担当者広報担当
住所埼玉県川口市上青木3-12-63 5F
お問い合せ先entry@skipcity-dcf.jp
関連URLhttps://www.skipcity-dcf.jp/
その他情報【お問合せ先】
作品について
entry@skipcity-dcf.jp

広報について
press@skipcity-dcf.jp

その他一般
info@skipcity-dcf.jp

【SNS】
Twitter:https://twitter.com/skipcityidcf
Facebook:https://www.facebook.com/skipcityidcf
お問い合わせ ※ご利用の端末に設定されたメールソフトが開きます。

最新の投稿

[映画][キャスト / 役者募集]
『世界一タレントを大切にする芸能事務所』オンラインオーディション!
投稿日:2024-07-19 20:52:35
[舞台][スクール / ワークショップ]
『演劇・映画学舎 創作メンバー募集』
投稿日:2024-07-19 20:22:24
[舞台][キャスト / 役者募集]
2024年12月公演メインキャスト募集!!【m sel.プロデュース】
投稿日:2024-07-19 18:47:19
[映画][スクール / ワークショップ]
【限定10名】フジTV ドラマ「スタンドUPスタート」、映画『シェアの法則』『ラストターン』久万真路監督による映像演技ワークショップ
投稿日:2024-07-19 18:46:12
[映画][スクール / ワークショップ]
フェスパ福岡 夏休み限定ワークショップ!!
投稿日:2024-07-19 18:17:50
[映画][スクール / ワークショップ]
【7月30日まで】宣材写真撮影の夏割引キャンペーン実施中!
投稿日:2024-07-19 18:17:42

クラウドファンディング