CINEMA PLANNERS > 作品募集 > アカデミー賞へのパスポート!SSFF & ASIA 2022ショートフィルム作品を大募集!

アカデミー賞へのパスポート!SSFF & ASIA 2022ショートフィルム作品を大募集!

投稿日時:2021/08/05 13:21:44
投稿者:ショートショートフィルムフェスティバル&アジア
募集地域:全国
締切:2022/01/31

ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2022年の開催に向け8月1日(日)より世界公募をスタート

米国アカデミー賞®短編アニメーション部門への推薦枠を獲得
サンダンス映画祭に並ぶアジア初・最多5部門の優秀賞が来年のオスカー候補に
~世界が注目する細田守監督から応援コメントも到着~

<SSFF & ASIA 2022 募集要項>
■募集部門:オフィシャルコンペティションsupported by Sony、ノンフィクション部門、アニメーション部門、 Cinematic Tokyo部門、スマートフォン映画作品部門 supported by Sony’s Xperia™、U-25プロジェクト、Branded Shorts

■募集期間:2021年8月1日(日)00:00より開始 ※応募締切は各部門によって異なります

■応募方法・応募に関する詳細:SSFF & ASIA 2022 作品募集ページを参照ください
https://www.shortshorts.org/ja/creators/

■発表方法: オフィシャルコンペティションsupported by Sony、ノンフィクション部門、アニメーション部門入選候補作品
(ショートリスト)は各応募月の翌々月末にウェブサイトで発表。入選候補作品の中から、最終入選作品が選ばれます。全部門の最終入選作品(映画祭で上映される作品)は2022年4月末までにウェブサイトで発表いたします。

■応募に関する問い合わせ先:submission@shortshorts.org 

2004年よりアカデミー賞公認の映画祭となり、映画祭グランプリ作品を翌年のオスカーノミネート候補として推薦してきたSSFF & ASIAは、2019年にはインターナショナル部門、アジア インターナショナル部門、ジャパン部門からなるオフィシャルコンペティション supported by Sonyおよび、ノンフィクション部門の4部門の各優秀賞についての推薦枠へと拡大。そして2021年、7月のアカデミー協会からの発表により、新たにSSFF & ASIAより短編アニメーション部門への推薦枠が認められ、合計5つの部門優秀賞に来年のオスカー獲得へのパスポートを授与できることとなりました。
 アカデミー賞公認の国際短編映画祭は国内では唯一の存在、また、世界でも5つのアワードを推薦できる枠を持つ映画祭は、サンダンス映画祭、パームスプリングス国際短編映画祭、アスペン短編映画祭と指折りの存在となり、また一歩、世界TOPレベルの短編映画祭への道を進んだことになります。

昨年に続きソニーが世界のクリエイターを支援

8月1日(日)から公募開始となるのは、これからの新しい映像文化や潮流を生み出すクリエイターの登竜門として、2020年より
ソニーが支援を続ける、次年度の米国アカデミー賞短編部門ノミネート選考対象となる
「オフィシャルコンペティション supported by Sony(インターナショナル部門、アジア インターナショナル部門、ジャパン部門)、「ノンフィクション部門」、「アニメーション部門」 の5部門および、東京をテーマにした作品を募集する「Cinematic Tokyo部門」、今年に引き続き、クリエイターの表現の幅とチャレンジの機会をさらに広げ、スマートフォンならではの新しい映像クリエイティブの創出を目的にソニーがサポートする「スマートフォン 映画作品部門 supported by Sony's Xperia™」、国内の25歳までの監督が制作した作品を対象に、5分以下のショートフィルムを募集する「U-25プロジェクト」、企業・行政によるブランデッドムービーを特集する「BRANDED SHORTS」。
全上映作品の中から、「Make Impossible Possible」(不可能を可能にする)を表現した作品には、バイオジェン・ジャパンと共に、「バイオジェン・アワード」、 「Be HAPPY with HOPPY」を掲げるホッピーの思いを体現する作品に「HOPPY HAPPY AWARD」を授与いたします。

細田守監督よりフィルムメイカーへ応援コメントが到着!

映画芸術科学アカデミー会員でもあり、『竜とそばかすの姫』が第 74 回カンヌ国際映画祭 オフィシャル・セレクション「カンヌ・プルミエール」部門選出作品としてワールドプレミア上映された細田守監督より、フィルムメイカーへ向けた応援コメントをいただきました。 

僕が中学3年で初めてアニメーション作品を作った頃は、8ミリカメラをレンタルしたり、現像したり、上映会をするにはプロジェクターもレンタルが必要だったりと、お金も時間もかかりました。学生時代には、どうすれば自分の作りたいものが作れるのかな、と自問自答しながら制作をしていました。
現代ではインターネットや、制作ツールの普及といった、色々な意味でずっと、制作も発表もしやすい環境があるとおもいます。アカデミー会員となってからは実写・アニメーション問わず、たくさんの長編・短編映画に触れる機会が増えましたが、日本からの作品はまだ少ないな、と感じています。
どんどん作品を作って、映画祭に出品してみることは大切だと思います。何よりチャンスにつながるし、他の人がどんな作品を作っているのかを知ることも自分の作品の世界を広げるからです。
作品は作り手の人間性を味わうことのできるものだと思います。映画祭が、まだ知られざる魅力的なクリエイターたちの発掘の場となり、自分のやりたいことを実現するきっかけとなる事を願っています。 ― 細田守

ご応募お待ちしております!!




当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

掲載者情報

掲載者ショーショートフィルムフェスティバル & アジア
担当者田中冬弓
住所東京都渋谷区千駄ヶ谷4-12-8SSUビル2F
応募・問合せ先fuyumi@shortshorts.org
関連URLhttps://www.shortshorts.org/ja/creators/
その他情報Official SNS
Twitter @s_s_f_f
Facebook @shortshortsfilmfestivalasia
Instagram @ssff.official
応募・問合せ ※ご利用の端末に設定されたメールソフトが開きます。

最新の投稿

[映画][キャスト / 役者募集]
街のブーツ美人を探せ!!ブーツモデル募集!!
投稿日:2021-11-28 02:10:56
[映画][スタッフ募集]
【急募!】12月1-2日 撮影、短編映画「ハッピー・デス・デー」 助監督・制作募集!AFF作品
投稿日:2021-11-28 01:38:45
[映画][スクール / ワークショップ]
日本発オリジナル演技メソード 「AR(アクション・リアクション)演技メソード」 ~日本人として世界に通用する俳優~ 大阪で「AR演技メソード【体験】演技ワークショップ」12月19日(日)開催!
投稿日:2021-11-28 00:02:29
[映画][キャスト / 役者募集]
YouTube配信用 短編映像作品『パクチー(仮)』ヒロイン募集
投稿日:2021-11-27 22:15:38
[映画][スクール / ワークショップ]
12月-Ⅱ 『全裸監督』『アンダードッグ』『百円の恋』武正晴 監督による映像演技ワークショップ
投稿日:2021-11-27 20:54:16
[映画][スクール / ワークショップ]
12月-Ⅰ 『全裸監督』『アンダードッグ』『百円の恋』武正晴 監督による映像演技ワークショップ
投稿日:2021-11-27 20:51:22

クラウドファンディング